誕生日、クリスマス、友達や恋人や家族などにプレゼントを渡す機会はたくさんあると思います。
プレゼントを渡す際のサプライズの演出としても、ゲームとして楽しむことを目的としても活用できると思います。
特に、脱出ゲームや謎解き好き、宝探しや推理が好きなお相手にお勧めです。
※あくまで一個人のアイディアです

目次
謎解きを利用してプレゼントを渡すためのステップ
1.プレゼント(ゴール)を用意する
2.ストーリーを決める
3.ストーリーにのっとって謎を作る
謎の作り方
文字から数字に変換・計算する
道具を使う
置き換え
連想させる
トリック文字
一般常識ではないが、一部の人にはわかること
作業系
完成品事例
備考:謎解きカード
謎を作るのに参考になる本

謎解きを利用してプレゼントを渡すためのステップ

1.プレゼント(ゴール)を用意する

用意するプレゼントの大きさによって、箱などに入れで鍵をつけて入れられれば宝探しのようになるし、箱に入らない大きさの場合は棚のような場所に隠したり、口頭で答えを伝えてくれればプレゼントを渡すなど、道筋が変わってくるかと思います。
また、ゲームとして楽しむのであれば、ゴール地点(完了の条件)を決めてそれができればクリア!といった定義をする必要があるかと思います。

2.ストーリーを決める

スタートからゴールまでのストーリー(話の流れ・謎の構成)を作ります。
鍵を見つけて開けたり、袋からアイテムが出てくるなどのギミックがあると達成感や没入感があってより楽しめます。
ぜひ100均でもいいのでなにか鍵や箱や袋を用意してみてください!
ダミーもあると楽しいかも!
謎の構成については、小問(※1)だけにするか、小問を解いていくと最後に大問(※2)になる…といった謎を作るうえで大切な構成も一緒に考えます。
(後から謎の構成を変えるのはストーリーから作り直しになることがあるため、先に決めます。)
※1:小問…基本的に単体の謎。比較的簡単なものが多い。
※2:大問…難易度が高い問題。単体では解けず小問と連動していたり、ストーリーに密接にかかわっていることも。これが解けば謎解き成功。小問と大問の間に中問があることも。稀にここからひっかけとして、解けたと思わせて別の謎や解答が潜んでいることも…!

例えば家であれば、家にあるもので宝探しのようにしていきます。
炊飯器の中、本棚・本の間、イスの裏、テレビの裏、枕の下、隠す場所はたくさんです!
ただ、ありすぎるものだと逆に特定が難しいので、一つしかないもの、場所が限られてるものがベターです。

他にも、架空の設定として作るのであれば、RPGのように「あなたは魔王を倒すために選ばれた勇者になりました。魔王を倒すためには火のオーブ、水のオーブ、風のオーブ、土のオーブが必要です。それぞれのオーブを集めて魔王を倒しましょう!」として、4つのオーブにまつわる謎を解き、最後に魔王を倒すための謎がある…みたいな場所関係なしの設定でストーリーを作ってみるのもいいと思います。
(この場合は最後に大問があり、そこに至るまでに小問がたくさんあるようなイメージ)

※画像をクリックすると大きくなります。
例えば、このような感じで案を出していきます。
この例で作った謎は【こちら】から。

3.ストーリーにのっとって謎を作る

家にあるものを探してもらうなら、答えが場所になり、その場所に行くと問題があって、その答えがまた次の場所に…という、小問を解くと次の場所が出てきて、その場所にまた小問があり…最後に宝があるような流れにする。
例)答えが炊飯器の謎があり、実際に炊飯器を見ると次の謎があり、謎を解くとまた次の場所が指示される…とすれば探してもらう場所の数だけ謎解き問題が必要になります。

謎の作り方

主に小問の作り方。
ぱっとみて解けそうなのに、解けないのが良問だと思っています。
あとは、解く相手によって難易度が異なる(年齢や学習状況など)問題もあるので、その辺は注意。

文字から数字に変換・計算する

・文字の画数
・漢字に含まれるxxx(縦線、横線、□等)の数
・アルファベットの何番目か

例えば、「1→2、2→5、3→5の場合、8は?」
この例はデジタル表記の際の棒の数で、答えは8→7。

こういった問題を4問ほど作り、4桁のカギの暗証番号なんかにしてもいいかもしれません。

【参考記事】

道具を使う

・鏡文字(鏡を使うと読める)
・一部が切り抜かれた紙を重ねると必要な情報が現れる

例えば、「★ラ オ ☆」と書かれた紙と「★ イ ン☆」と書かれた紙を用意する。
この例の答えは、★☆の位置を合わせて重ねると出てくる「ライオン」。

置き換え

・スマホやパソコンのキーボードの入力方式による文字の置き換え
・文字を置換する
・複数ある漢字の読み方を使う

例えば、「あ→は ”え”、な↓は “の” の場合に さ←は?」
この例はフリック入力を指しており、”さ”から左にフリックすると「し」になる。

例えば、「かたたたき」という文字とたぬきの絵が描いてある紙を用意する
この例の答えは、「かき」。

【参考記事】

連想させる

・文章から言葉(人、物や場所等)を表現する

例えば、「大人と子供がおっかけっこ。でも大人は子供よりのんびりなものなんだ?」
この例の答えは「時計」。大人と子供は長針と短針のことで、時計を示していました。

トリック文字

・ブラックライトで文字が浮き出る
・炙り出し

今は100均でブラックライトで浮き出る文字をかけるペン(ブラックライト付)が売ってるそうです。
今度買って謎作りたい…!
炙り出しはレモン汁などでできるけど、火を使うので子供には不向きです。
逆にタバコを吸う人であれば、ライターを持っているはずなので意外と使いやすいかも?

一般常識ではないが、一部の人にはわかること

・記念日の日付(誕生日、結婚記念日)

例えば、初めてのデートの場所は?答え「映画館」など。

自分と相手の間柄では一意の答えになるものであればなんでも使えると思います。
結婚式の二次会ゲームとかにうまく組み込めば楽しそう!

作業系

・パズル

ある程度頭を使うかもしれないが、基本的に作業が必要なもの。
閃くことより時間のほうが必要かも。

完成品事例

時間がない!思いつかない!面倒くさい!!例が見たい!というかたへ

順次作成中です。

備考:謎解きカード

ストーリー仕立てではないけれど、謎解きカードでプレゼントのサプライズ演出になれば。
謎を解くと、メッセージが現れる…という謎解きカードです。

謎を作るのに参考になる本

リアル脱出ゲームを主宰しているSCRAPさんの本の中から、小問がたくさんあるような本をピックアップしてみました。
自分で楽しみながら、謎作成のヒントをつかめるかもしれません!

5分間リアル脱出ゲーム


全世界360万人以上が熱狂した参加型ゲーム・イベント「リアル脱出ゲーム」のエッセンスを凝縮した、いつでもどこでも楽しめる謎解きゲーム書籍。パズルや推理を通して物語体験ができるゲームを10本収録してあります。

脳が喜ぶ新刺激がたくさん! 謎解きドリル70問


SCRAP主催の謎解き検定「謎検」出題問題を中心に、よりすぐりの謎解き問題を70本セレクト。監修者には脳医学教授の篠原菊則氏を起用し、脳に効くポイントを知りながら各問題を解けます!

5分間リアル脱出ゲームR


いつでもどこでも手軽にリアル脱出ゲームの興奮が味わえる「5分間リアル脱出ゲーム」の続編。今回も、謎やパズルを通して物語体験ができる「~からの脱出」と題した短いゲームを10本収録。「最終問題」も用意されています!

SCRAPヒラメキナゾトキBOOK


一見難問に思えるけれど、頭をやわらかくして「あること」に気付けば、ぱっと解答を導くことができる問題がたくさん集められています!